2011年12月30日

水族館の大掃除2011

間もなく、2011年も終わろうとしています。
サケふるは12月26日から2012年1月6日まで、年に1回の整備休館に入っています。

この時期は大掃除の時期でもあるのですが、4年前から一般の方たちにも、水族館の
大掃除を手伝っていただいています。
小学生には、水槽の魚の取り上げから、空にした水槽に入っての掃除まで、かなり
ハードな作業もお願いしています。


三面槽や

PC260866.JPG


小水槽、

PC260863.JPG


そして渓流水槽など、

PC260883.JPG

みんな一生懸命です。
水槽の中に入っていると、見られている魚の気持ちが分かる、なんて言ってるお子さんも
いました。



そして大水槽には、一般募集したダイバーさんが入っての掃除です。

PC260914.JPG

普段は2週間に1回の潜水清掃で、一人で行うことがほとんどですが、大掃除の時は5人
がかりです。こんなにたくさんの泡の柱が立つ光景も、この時しか見られません。


1月7日の新春オープンでは、掃除してくれた皆さんの顔写真と作業風景も掲示して、
ピカピカの水槽で、皆さまのご来館をお待ちしております。



posted by チトセアメ at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

Happy Halloween!

本日は販売体験だけでなく、恒例になったハロウィンイベントの日でもありました。
朝から続々と、かわいい仮装に身を包んだ子どもたちが集まってくれました。
今年は、例年より大人の方の仮装も多かったように思います。

P1030629.JPG

まずは、館内でスタンプラリー。
仮装したシニアリーダーのお兄さん、お姉さんを探し、見つけたらジャンケンポン。
勝ったらキャンディを1個もらえます。7個集めたら、そのキャンディを使って、
キャンディ・レイを作ります。

その後は、サモン君といっしょにサーモンパークをパレードです。

PA300209.JPG

サーモンパークの各お店を回り、元気に「トリック・オア・トリート!」
皆さん、山ほどお菓子を抱えて嬉しそうでした。

PA300225.JPGP1030619.JPG

最後に撮った記念撮影。午前も午後もたくさんの方にご来場いただきました。
本当にありがとうございました。

今年も私が扮したのはこちら。

PA300229.JPGPA300228.JPG

「スーパーマリオ」です。なぜか“似てる!”と好評で、記念撮影を申し込まれた回数も、
かなりの数になりました。
マリオは国際的にも認知されているようで、海外のお客様にも“Oh! Super MARIO!”
と、声をかけられてしまいました。

調子に乗って、餌やり解説もそのまま登場。ハロウィンということで、お許しください。
衣装を作ってくださったM山さん、本当にありがとうございました。

別の意味で、もっと目立っていたのはこちらかもしれません。

1319938116316.jpg

かわいらしい魔女と一緒にいるのは、妖怪・一反もめんです。

小さな子は怯えて近づいてすら来ませんでした。すごい迫力。

来年はどんな仮装が飛び出すやら。またみんなで一緒に楽しみましょう!

・・・・・そういえば、本当のハロウィンは明日でした。
では、Happy Halloween!

ラベル:サモン君
posted by チトセアメ at 23:58| 北海道 ☔| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おねがい サモン君ストラップ

1319934136506.jpg

今日は市内の小中学生が企画、デザイン、製作、ネーミング、価格設定など全てを手がけた、
開運携帯ストラップ「おねがいサモン君」の販売日でした。

このストラップは、今年度初の試みとして、働いてお金を得る大変さ、大切さを知ってもらおう
という、販売体験教室で製作されたものです。
参加してくれたのは、市内の小学5年生〜中学1年の女子ばかり10人でした。

DSCN7819.JPG

表はサモン君のイラスト、裏にはサクラやクローバーなどがかたどられた、サケの皮が入って
います。女の子らしい発想で、それぞれの色に、ピンクは恋愛運、イエローは金運、ブルーは
勉強運、グリーンは健康運、オレンジは友情運に効き目があるという設定でした。
このアイディアやデザインには、本当に感心させられました。

価格設定も、1個は250円で、5色全て購入で1,000円となるサービス発想も盛り込まれて、
なかなか侮れません。

いざ販売となっても、元気の良い声でハキハキと、売り口上も自分たちで考え、なかなか興味
深いものでした。しかも机の前でただ待つのではなく、館内やサーモンパークでの出張販売
まで、積極的に足で稼いでいました。

そんな努力の甲斐あり、見事100個を完売! もしかして、製品化もされるかも・・・?

来年も実施すると思いますので、興味のある方はぜひご参加ください。
大人顔負けの柔軟な発想を、お待ちしております。

ラベル:サモン君
posted by チトセアメ at 23:30| 北海道 ☔| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

内山りゅう氏 トークライブ開催

ryu_uchiyama_photo.jpg

千歳サケのふるさと館では、10月30日(日)まで、内山りゅう写真展
「水とそこに棲む生きものと」を開催中です。内山氏は水中カメラマン
として、“水”と水に関わる生き物の撮影をライフワークとしていて、
特に淡水に棲む生き物に力を入れています。

写真展に伴い、10月2日(日)の午後1:00〜3:00に、
内山氏ご本人によるトークライブが開催されます。

内山さんが撮影された数々の写真を見ながら、「水」や「水に暮らす生きもの」、
そして彼らが生きる環境などについてお話ししていただきます。
当日は著者本の販売もあります。写真展は無料ですが、トークライブは入館料が
必要となります。 皆さま、ぜひご来場ください。

◆ 開催日 平成23年10月2日 13時〜15時
◆ 会 場 千歳サケのふるさと館 2階多目的ホール
◆ 参加費 入館料必要(大人800円、高校500円、小中300円)
      サポーター会員は無料
◆ 定 員 50名(先着順となります。)
  事前申込み不要  定員を超えた場合、立ち見での入場も可能です

◆お問合せ 電話:0123-42-3001 千歳サケのふるさと館事業係

◆ 内山りゅう氏のホームページはこちら
  写真展のpdfチラシはこちら

posted by チトセアメ at 23:55| 北海道 ☁| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

サマープレゼント抽選会開催中

「サポーター会員」の皆様に日頃のご愛顧の感謝を込めて、「サマープレゼント抽選会2011」を
開催中です。期間は平成23年8月13日(土)〜8月21日(日)。


DSCN6817.JPG

抽選会場は入口に入ってすぐ右手にあります。


DSCN6816.JPG

すでに3等はじめ、結構当たりが出ています。
くじ運の強い私の娘もサポーター会員なので挑戦です。


DSCN6818.JPG

果たして結果は・・・

DSCN6820.JPG

水色は、なんと休暇村支笏湖の入浴券、4等が当たりました。
さすがというか何というか。ちなみに私も、ティッシュ賞が当たり?ました。


ちなみに館内の夏季企画展「カラコレ」の会場では、こちらもサポーターの皆様限定で、展示
している熱帯魚のプレゼント応募も受け付けています。

DSCN6821.JPG


詳しくは公式ホームページもご確認ください。


サポーター会員の皆様、カードご持参の上、ふるってご参加下さい。

posted by チトセアメ at 00:27| 北海道 ☁| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

ちくちく

みなさんこんにちは。久しぶりにブログ書きます。

現在館内無料スペースで、8月28日までアイヌ刺繍サークル「ちくちくの会」の作品展
「アイヌ刺繍ちくちくの会作品展」が開催されています。

P7200152.jpg

実は私、ちくちくの会に通っていたことがあり、
そんな縁もあって今回の作品展が開催されました。
会場には着物やタペストリー、バッグなど、
すてきな作品が60点ほど展示されています。
海岸で拾った流木を看板やハンガーとして利用したり、
石にアイヌ模様を描いて机に置いてある作品がずり落ちないように
”重り”として利用したり、そうしたアイデアもすばらしいと思います。

29日にはアイヌ刺繍体験講習会が行われ、
2時間ぐらいの講習会でランチョンマットの片隅に刺繍をしました。

P7290250.jpg

仕事が休みだった私も久しぶりに針と糸を持ち参加。
薄い青色に白の刺繍なので見づらいかもしれませんが、
できあがった作品はこちらです。
どうでしょう?

P7300256.jpg

8月5日(金)にも、2回目の体験講習会があります。
高校生以上の方が対象で定員は10名、参加費は材料費込みで500円、
先着順で当日の朝9時から参加を受け付けます。
興味のある方は、どうぞご参加ください。






posted by りかちゃん at 18:32| 北海道 🌁| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ワイルドライフアート最終日

4月29日からロングランで開催してきました「ワイルドライフアート企画展〜かけがえのない地球の生き物達」も、いよいよ本日で最終日となります。
まだあまり耳慣れない芸術分野ではありましたが、実際に初めて目にして、その作品の素晴らしさに感動された方も少なくないようです。

これまで3回のワークショップを開催してきましたが、本日も午後1時30分から、最後のワークショップを開催いたします。テーマはペーパークラフト工作教室「カマキリの世界」。

講師は今回作品を展示してくださっているジオアートワークスのお一人、斉藤卓治さんです。
斉藤さんの作品はこんな感じです。

110603.jpg

昆虫がテーマのペーパークラフトですが、昆虫達の繊細な触覚や足先、羽の質感まで本当に細かく綿密に表現されていて、写真の楽器を演奏している昆虫たちのように、擬人化されたユニークで可愛らしい作品も多いです。

本日のワークショップでは、紙を切り抜いてカマキリを作り、仕上げに葉や花も製作して、小さな昆虫ワールドを完成させる予定です。入館料のみでご参加いただけて定員は20名で先着順、午後12時から整理券を配布します。

本日は千歳JALマラソンとも重なっているので、多少町なかは混雑が予想されますが、ぜひ多くの方のご参加をお待ちいたしております。


posted by チトセアメ at 01:23| 北海道 ☔| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

チョウザメにタッチ

先日タッチャンが、カイツブリの解説を「飛び出す絵本」で作るという記事が掲載されていましたが、実は彼の力作はこれだけではありません。
もう一つ、期間限定チョウザメタッチプールの隣に置いた、「チョウザメ皮とサメ皮の触り比べ」も、タッチャンの作品です。

DSCN4595.JPG


この製作には、ちょっと裏話があります。
先日、チョウザメの幼魚が1匹、命を落としてしまいました。これを見たタッチャンが、サケの皮と比べられるように、皮をとっておいてはどうかと思いつきました。
サメは「サメ肌」といわれるように、ワサビおろしに使われるくらいウロコ(楯鱗:じゅんりん)がざらざらしています。この鱗はサメやエイなどの軟骨魚類特有のもので、なでてみると、頭から尾ビレの方向には指が滑りますが、逆方向には引っかかります。顕微鏡で見ると、こんな感じです。

DSCN4228.JPG


さて、チョウザメの皮を剥いだタッチャンからの報告。

タッチャン:「皮剥ぎ終わりました。」
チトセアメ:「どうだった?」
タ:「いやー、チョウザメはやっぱサメ肌っすね。」
チ:「チョウザメはサメじゃないっていってるしょ。ちょっと硬いけどサメ肌とは違うよ。」
タ:「あっ、そうでした。でも、皮はざらざらっすよ。」

あんまり言うので、実際に剥いだ皮を触ってみると、タッチャンの言うとおり、かなりざらざらです。しかも、サメ同様に頭から尾ビレの方向には滑るものの、逆方向は引っかかるのには驚きました。生きたチョウザメを触っていたとき気が付かなかったのは、粘液のせいだったのでしょうか。どうやらこのざらざらは、皮の表面に見えている小さな白い粒々によるもののようです。

DSCN4219.JPG


チョウザメの名前の由来は、サメに似た姿と蝶々の形をした大きな鱗板(矢印)にあります。

DSCN4216.JPG

チョウザメの鱗はこの鱗板だけだと思っていたのですが、どうやら私の勉強不足だったようです。この粒々を顕微鏡で見てみると・・・

DSCN4205.JPG

DSCN4212.JPG

こんな感じで、細かいトゲ状の鱗になっていることが分かりました。
特定の方向に指を滑らすと引っかかるのはサメと一緒ですが、鱗の形状は全く違います。ということで、やはりチョウザメはサメ肌とは違うわけです。

思い込みでよく調べないと、こんなこともあるんですね。
本日(5月5日)まではこの展示に加え、生きたチョウザメに触ることができるタッチプールも登場しています。この違い、ぜひ体感してみて下さい。

ラベル:チョウザメ
posted by チトセアメ at 01:39| 北海道 ☔| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

GWイベント開催中

大型連休もいよいよ終盤です。
今日は5月だというのに、地域によっては雪が降る肌寒い日でした。
明日は天候も回復傾向にあるようなので、また各観光地も賑わいを見せることでしょう。

サケふるでは明日まで、「春のふれあい縁日」と題して、期間限定のイベントを開催中です。
遅れませながらちょっとだけ、イベントのご紹介など。
恒例のサケ稚魚放流イベント「サーモンフェスティバル」は、明日5月5日午前10時から開催です。道の駅サーモンパークにご来場の方なら、どなたでもサケ稚魚の放流を体験できます。また、明日はサケふるの入館料が半額になります。

また、道の駅の7店舗合同でのクイズラリーも明日までです。7店舗全て回って隠れたキーワードを見つけ出すと、抽選で各店舗提供の景品が当たります。


DSCN4532.JPG

館内では、石ノ森萬画館復興支援に向けた「釣りキチ三平と矢口高雄チャリティーパネル展」と、


DSCN4660.JPG

ワイルドライフアート企画展〜かけがえのない地球の生き物達」の2つの企画展も実施中です。こちらは、詳細についてはまた後日ご紹介したいと思います。

また、明日まではチョウザメやナマズに触れるタッチプール、スジエビすくいなどの特設コーナーもあります。

GWイベントの内容については、公式ホームページからもご確認下さい。
皆様のご来館を、お待ちいたしております。


posted by チトセアメ at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

ボールペン画「北の生き物達」

DSCN3621.JPG

サケふるのチケットも描いてくださっている、千歳市在住の武内朋之氏による
絵画展「北の生き物達」を開催中です。武内氏は普通のボールペンを使って、
サケ・マス類から北海道に生息する様々な生き物達まで、実に緻密に描いて
います。

DSCN3622.JPG

今回は新作含む40点がずらりと並び、絵画としてのリアルさと、環境問題を
動物や魚たちの視点で問いかけるウィットに富んだ風刺的作品は、見応えも
ユーモアも十分です。


DSCN3623.JPG

武内氏が代表を務める「ふるさとの自然を考える会」による、千歳川上流域
の保護活の報告コーナーもあります。こちらの内容も、実に濃いすばらしい
ものです。

展示は一応今月いっぱいで終了予定です。ぜひ多くの皆様にご覧いただきたい
と思っています。

posted by チトセアメ at 23:55| 北海道 ☁| Comment(0) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。