2013年12月18日

新たなメスのサケ登場 (2013年12月18日のつぶやき)




ラベル:サケ親魚
posted by チトセアメ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

サケ産卵行動中 その3 (2013年12月17日のつぶやき)


ラベル:サケ親魚
posted by チトセアメ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

サケ産卵行動中 その2 (2013年12月12日のつぶやき)






ラベル:サケ親魚
posted by チトセアメ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

決定的瞬間!

冬になると、千歳川に色々な水鳥たちが渡ってきます。
こちらのカワアイサもその内の1種です。

DSCN1215.JPG

手前の茶色頭がメス、奥の緑頭がオスです。カワアイサは潜水も得意で好物はお魚。
春先はサケの稚魚などもいますので、しっかりお魚を食べているようです。
この時期も良く水中観察室で潜水している姿を見かけますが、カワアイサの口に入りそうなサイズの魚はいません。

DSC00650.JPG

窓の前で一緒に泳いでいるのは大きなサケです。
この時期は観察窓の前で産卵するサケも多く、カワアイサはその産卵したサケの卵を食べています。
と、これまでお客様にも説明してきましたが、実際には砂利にクチバシを突っ込んでつついている様子などから判断しているだけで、なかなか卵を食べているところを目の当たりにするのは難しく、「証拠は?」といわれるとちょっと弱いところがありました。

この度、その決定的な証拠写真が入手できました。それがこちら。

kawaaisa-kizou-2844-1893-b5.jpg

口元をご覧ください。卵が入っているのが良く分かります。
顔の部分を拡大してみると、更に良く分かります。

kawaaisa-kizou-2844-1893-b5_Face.jpg

まさに決定的な瞬間です。が、実はこの写真はサケふるスタッフが撮影したものではありません。
いつも足繁く当館に通ってサーモンパークやサケふるの生き物を中心に撮影してくださっているchironsan の写真をご厚意でいただいたものなのです。
しかし、スタッフでも撮影できていないこんなシーンを撮影してしまうなんて脱帽です。
貴重な写真を本当にありがとうございました。

ちなみに、chironsanの写真は写真素材のHP“PIXTA”で色々ご覧いただけますので、興味のある方はどうぞ。


ラベル:野鳥
posted by チトセアメ at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

サケ産卵行動中(2013年12月04日のつぶやき)


ラベル:サケ親魚
posted by チトセアメ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

ふたたび

昨晩は大雨、雷で、一時的に停電があったり荒れました。
チトセアメさんは夜中に館や養魚場の点検に来たようですが、
(お疲れ様です)
私はその頃突然の胃痛、吐き気で大変でした…

今朝は体調も戻り、通常どおり館に来たら、
「今日のサケはこの前よりすごいよ」とのことで見に行くと、
確かにすごかった!
大量遡上ふたたび、しかも前回よりも多いかもしれません。
2万匹超えるかな?

DSC_0251.jpg

午前中は市内の小学3年生に講話などをして
その後水車や館内の見学でしたが、
子どもたちも大喜びでした。

DSC_0265.jpg

10月は遡上数の多い時期です。
こんな日がまた来たらいいですね。

posted by りかちゃん at 12:30| 北海道 ☔| Comment(5) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

あらら

昨日はたくさん見えていたサケですが、
今朝は数匹のみと寂しい感じです。

PA130032.jpg

昨日の捕獲数は17,961匹、ほとんど捕られちゃったのですね、残念バッド(下向き矢印)

ということで、昨日「今週末はたくさん見られるかも」と書きましたが、
たくさんは見られないようで、ごめんなさい。

でも、久々にこの顔に会ってちょっとうれしかったです。
ハナカジカくん!

hana.jpg

posted by りかちゃん at 09:03| 北海道 ☔| Comment(2) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

サケうじゃうじゃ

長らく更新していなくてすみません。
今日はサケの話題です。
この頃千歳川のサケは絶好調です。
10,11日と、インディアン水車でのサケ捕獲数は9000匹を超え、
今日もインディアン水車橋の上から見ると、
たくさんのサケがずっと川下の方まで続いていました。

sake.jpg

館内の水中観察窓からもご覧の通りです。

DSC_0195.jpg

こんなにたくさんのサケが窓の前を回遊する姿を見るのは久々で、
朝から私のテンションもグッド(上向き矢印)でした。

さらに、久々の登場した魚がこちら!

DSC_0232.jpg

アメマスです。たくさんのウグイに紛れても、存在感がありました。

今週末も、たくさんサケが見られると思います。
サケをご覧になるなら、今の時期は最高です。
ただ、ここ1週間ほどは午後からサケの取り上げ作業を行っていることが多く、
夕方には観察窓から見られるサケが少なくなるので、
見るなら午前中から昼過ぎぐらいまでがいいかもしれません。


posted by りかちゃん at 14:02| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

千歳川にサケ登場!

ご報告が遅れてしまいましたが、ついに観察窓から、今シーズン第一号のサケの姿が
確認できました。8月4日午前10時30分頃です。

2012年サケ第1号

まだ少し銀色の残る、きれいなメスのサケでした。
第一発見者はY課長。朝の観察から何となく気配を感じ、定期的に観察窓を巡回しよう
と思っていたとか。その1回目の巡回でビンゴ!となったようです。
さすが、ベテランの勘ですね。

2012年サケ第1号

第1号としては珍しく、午後3時近くまでの長時間にわたって観察窓の前にいてくれ
ました。しかも土曜日。お陰で、多くの方にご覧いただけて、予想していなかった
サケの出現を喜んでいただけました。

今シーズンは昨シーズンを上回るのではという、予報も出ています。
今季の水車での捕獲数、25万匹に達して欲しいとはいいませんが、また20万匹は
超えて欲しいと期待しています。

まだまだ暑い夏ですが、サケの季節はすぐそこまで来ているようです。

ラベル:サケ親魚
posted by チトセアメ at 16:42| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

美味しくないの?

昨日は久しぶりに、観察窓に30cmオーバーのニジマスが姿を
見せました。

DSCN0552.JPG

産卵中のウグイの群れに混じって、一緒に泳いでいます。
もしかして、ウグイの卵のおこぼれを狙ってきたのかと
しばらく観察していました。

DSCN0553.JPG

5回ほど産卵の瞬間に立会い、散らばり流れる卵をウグイたちが
がっついて食べる中、ニジマスは全く知らん顔をしていました。
卵に興味も示さず、激しいウグイたちの動きに、むしろうっとうし
そうに、産卵の瞬間はその場から少し離れる様子すら見られました。
ニジマスにとって、ウグイの卵は決してご馳走ではないようです。


話は変わりますが、観察窓にこんなエゾウグイの姿もありました。

DSCN0528.JPG

オモリ(水色矢印)付きの釣り針(赤矢印)が、エラぶたの上に刺さった
ままになっています。
潜って針をはずしてあげようかと思ったのですが、ずりずりとオモリ
を引きずったまま、意外に身軽に窓の前から泳ぎ去っていきました。

とはいえ、あのままではエサをとるのも容易ではないでしょう。
上手いこと針が外れ、元の生活に戻ることができるよう、願っています。


ラベル:コイ類 外来種
posted by チトセアメ at 02:16| 北海道 ☔| Comment(3) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。