2014年05月23日

通勤途中のお楽しみC − お花見

三日坊主で終わらず、何とか徒歩での通勤は続いています。
通勤路の桜は一部を残してすっかり散ってしまいましたが、代わりにこの時期、たくさんの花々が咲き始めました。桜のように頭上にではなく、ほとんどは足下に咲く小さな花たちです。


ムスカリ


こちらは園芸品種でムスカリの1種。鮮やかな青紫色が目を惹きます。北海道にあると一見ラベンダーと勘違いしてしまいそうです。花壇だけでなく、そこから分布を広げて河川敷などでもちょくちょく見かけます。


オオバナノエンレイソウ


こちらもこの時期よく見かけるオオバナノエンレイソウ。白くて大きくて、数がまとまって咲いているとものすごく目立ちます。

花が小さくて赤っぽい、エンレイソウも時々見つかります。

エンレイソウ



スミレの仲間も、この時期小さくて可憐な花を付けています。
でも、種類も多くよく似ているので、勉強不足でまだ種名がよく分かりません。

タチツボスミレ?


タチツボスミレ?



小さくて目立ちませんが、フデリンドウや

フデリンドウ


レンプクソウなどもとてもかわいい花です。

レンプクソウ



あまり花っぽくないルイヨウボタンや

ルイヨウボタン


じっくり見るとちょっと背中がむずがゆくなってきそうなマルバネコノメソウ?

マルバネコノメソウ?



エゾエンゴサクによく似たムラサキケマンなども見かけました。

ムラサキケマン



ちょっと変わったところでは、“ベニスズラン”の別名を持つベニバナイチヤクソウも咲いていました。

ベニバナイチヤクソウ


黄色くて目立つのは、やはりセイヨウタンポポでしょうか。

セイヨウタンポポ


アメリカからやってきて、今やタンポポといえばこの種が圧倒的に多いようですが、もともと日本にいたタンポポも、ごくたまに見かけます。

エゾタンポポ?


こちらは在来のエゾタンポポでしょうか。矢印の先にある“総苞片”が上に向いています。
セイヨウタンポポはというと

セイヨウタンポポ


“総苞片”が反り返っているのが分かるでしょうか。ここで見分けることが出来るらしいです。


ずらずらと、撮影した花の写真を並べてきましたが、最後にこちら。

クサノオウ


黄色い花はクサノオウです。ちょっと可哀想ですが、茎の先を少し折ってみると

黄色い乳液


黄色い乳液が出てきました。この液には有毒なアルカロイド成分が含まれているらしく、皮膚に触れると炎症を起こすこともあるらしいです。以前知らずに触ってしまったことがありましたが、幸い私は大丈夫でした。帰ってから図鑑を見て、ビックリした次第です。

薬草としても使われていたらしく、黄色い液から「草の黄」、または薬草の王様で「草の王」など名の由来には諸説あるとか。

色々名前も出してきましたが、専門外なので、もし間違っていたらすみません。
でも、このように道端の小さな花も、実に多種多様です。こういうのにいちいち引っかかるので、なかなかふるさと館にたどり着けないんですよね。

これからさらに暖かくなると、ますます楽しい観察ができそうですが、通勤時間もどんどん長くなりそうです。少し自重するか、出勤時間を早めなければいけないですね。



ラベル:
posted by チトセアメ at 23:58| 北海道 ☔| Comment(0) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。