2014年04月30日

千歳湖散策

北海道にもようやく桜の便りが届き始めました。札幌では既にかなり咲いているようなニュースもありましたが、千歳川沿いの桜はようやく蕾がかなりふくらんだかなというところです。

DSCN0178.JPG



暖かな陽気に誘われて、美々川の源流でもある千歳湖に行ってきました。お目当てはこちら。

DSCN9857.JPG


ミズバショウです。盛りは少し過ぎてしまったのかもしれませんが、千歳湖から流れ出る美々川に沿ってできた湿地に、きれいにたくさん咲いていました。


周りの林では鳥たちも賑やかで、シジュウカラや

DSCN9842.JPG



小さなキツツキの仲間のコゲラ

DSCN9848.JPG



ちょっと大きめのツグミなどの姿も見えました。

DSCN9751.JPG



また、先日人騒がせあったヒオドシチョウと同じく、成虫越冬して春早くから顔を出すクジャクチョウもいました。羽を閉じているとこんなに地味ですが・・・

DSCN9827.JPG



パッと開くとこの通り。

DSCN9836.JPG



鮮やかなオレンジの羽に目玉模様という派手目なチョウです。


水中に目を落とすと、こんな生き物も見つけました。

DSCN9838.JPG



水面からの撮影で分かりにくいと思いますが、ヤツメウナギの仲間「シベリアヤツメ」です。このヤツメは、国内では北海道にしかいない種類で、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されています。ちょうど産卵に来ていたようで、2匹ずつペアになっている様子が、何カ所か見られました。


今の季節、ミズバショウを見たならこちらも見たい、ということで恵庭の湿地へ移動。
ミズバショウと同じく湿地に咲く、サトイモ科の植物。矢印の先にあるのはザゼンソウです。

DSCN9774.JPG


花は、赤茶色の部分が仏焔苞(ぶつえんほう)といって、ミズバショウの白いところと同じです。この中にある黄色いつぶつぶのところが花です。

DSCN9778.JPG


仏炎苞の中にある花を「座禅を組んだ“達磨大師”」に見立てたところから「座禅草(別名:達磨草)」らしいです。確かに、そういわれればそれっぽく見えるかも。


ザゼンソウの間には、オスのマガモもヨチヨチと歩いていました。

DSCN9782.JPG



暖かくなったと思ったら、一気に動き出した植物や鳥や魚たち。この短期間に起こる連鎖的な生き物たちの動きが、北海道の春の醍醐味かもしれません。



posted by チトセアメ at 19:37| 北海道 ☔| Comment(0) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。