2014年04月08日

畑のハクチョウ

ハクチョウ飛翔


最近よくハクチョウの渡りを目にします。
淡水化物さんからも、郊外の畑に大群がいたとの情報をいただき、ちょっと探しに行ってきました。それほど大きな群れは見つけられませんでしたが、あちこちに数十羽くらいずつの群れがありました。

畑のオオハクチョウ



渡りの前に、一生懸命エサを食べているようで、後ろ姿は相変わらず美しいですが、

羽を広げるオオハクチョウ



顔やお腹周りは泥だらけです。泥の中に顔を突っ込んで、なりふり構っていない姿は、自然の厳しさを教えてくれているようです。

採餌中のオオハクチョウ



オオハクチョウ以外にも、オオヒシクイの群れも見つけました。

オオヒシクイの群れ



ついでにちらっと、千歳川沿いも散歩してみると、キンクロハジロやヒドリガモの姿も見かけました。

キンクロハジロ


ヒドリガモ



先日サーモンパークで見かけたベニヒワの群れも、まだウロウロしていました。
今回はお腹の赤がきれいなオスと思われる1羽が撮れたのでちょっとだけ。

ベニヒワ♂



冬鳥たちは旅立ちの、そして夏鳥はそろそろ戻ってくる時期でもあります。
入れ替わりのこの季節、色々観察して楽しみたいと思います。




ラベル:野鳥
posted by チトセアメ at 22:44| 北海道 ☔| Comment(0) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。