2014年02月06日

観察窓ランキング2013 その2

続きましては2013年ランキング 5位から1位の発表です。

5位はこちら。

DSCN9257.JPG


サケ稚魚です。3〜5月を中心に出現日数は114日でした。今年ももうすぐ第一号が姿を見せてくれることでしょう。


続いて第4位。

DSCN2582.JPG


ハナカジカです。主に3〜11月に出現しますが、一番多いのは6〜8月です。出現日数は141日。
川底の砂利そっくりな姿をしているので、なかなか見つけるのは大変です。


いよいよここからはベスト3の発表です。

では第3位。

DSCN7880.JPG


サケの親魚です。言わずもがなの観察窓の主役ですが、これまでも3位が最高で2位までに入ったことがありません。稚魚と別々にカウントしていることもあるでしょうが、サケという種としてみれば実は1位です。9〜1月に主に登場します。


第2位はこちら。

DSCN4319-1.JPG


渓流の女王とも呼ばれるヤマメです。美しい姿ですね。出現日数は187日。
5〜10月にかけてはほぼ毎日観察されます。実は観察窓のランキングを始めて以来、ずっと首位を守ってきたのがこのヤマメだったのですが、初めて2位に転落してしまいました。

では、代わって昨年のランキング1位に輝いたのは誰かといえば...

DSCN0496.JPG


これまで万年2位だったウグイがついに首位を奪取です。4〜11月にかけて見られ出現日数は190日でした。


初めて首位の交代はあったものの、昨年も上位5位の安定感は揺るがない状況でした。
今年も既に1ヶ月が過ぎました。今のところはほぼ例年通りの観察窓ですが、果たして今年は昨年以上の波乱が起こるのか。今から楽しみです。








posted by チトセアメ at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。