2014年01月31日

選手交代

去る1月25日、ついにベニザケの最後の一匹が力尽きました。
昨年末まで順調だったのですが、新春オープンの日に1匹横たわってしまい、その後は次々と・・・・という感じでした。飼育日数は130日で、過去最長の162日にはおよばず、歴代4番目の飼育記録となりました。


代わってエントランスの水槽に入ったのは、サケふる初登場の種類を含むチョウザメ4種・6匹です。パッと見は似ていますが、よく見るとそれぞれに個性的。では、ちょっとだけ紹介を。


シロチョウザメ

こちらはシロチョウザメ。これまでもサケふるで展示してきた種類です。顔つきはお馴染みですが、この子はウロコの模様が目立ってすごくきれいです。北アメリカに生息しています。



ここからの3種は、当館初登場のニューフェイスたちです。

バイカルチョウザメ

こちらはバイカルチョウザメです。シベリアチョウザメの亜種でロシアのバイカル湖と周辺の河川に生息しています。体が茶色っぽく鼻先(吻)が長いのが特徴です。尾ビレの上葉もスラッと長く、スマートでかっこいいです。この水槽の中では、一番速く泳ぐようです。



DSCN8695.jpg

こちらがロシアチョウザメ。カスピ海や黒海、ドナウ川などロシアやヨーロッパに生息し、サケのように海と川を行ったり来たりもします。お腹を見てみると

DSCN8692.jpg

このように黄色いのが特徴です。顔つきも少しゴツゴツして鼻先が短いですね。



DSCN8686.jpg

そして最後はオオチョウザメです。こちらもカスピ海や黒海、アドリア海などに生息します。成熟するまでに20年以上かかるらしく、卵を塩漬けにした「キャビア」は、チョウザメの中でも高値らしいです。



では、それぞれの横顔も見てみましょう。違いがよく分かるのではないでしょうか。

シロ顔.jpgバイカル顔.jpg

ロシア顔.jpgベルーガ顔.jpg

写真上段左がシロチョウザメ、右がシベリアチョウザメ、下段左がロシアチョウザメ、右がオオチョウザメです。いずれのチョウザメも、京都水族館さんからお分けいただきました。ありがとうございました。

まだどの子も大きさは30〜50cmほどですが、いずれの種も1mを超え、オオチョウザメでは7mを超える記録もあるようです。みんな食欲旺盛で、目に見えて大きくなってきている気がします。

大水槽に泳ぐアムールチョウザメとシロチョウザメ、ベステル、そして当館生まれのチョウザメの赤ちゃんたちともども、よろしくお願いいたします。



posted by チトセアメ at 10:26| 北海道 ☔| Comment(0) | サケふるの生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。