2012年06月30日

真似してます?

気がつけば6月も今日で終わり。北海道もすっかり夏らしくなりました。
生き物たちの動きも活発になる中、サーモンパークでちょっと変わった
昆虫を見つけました。

DSCN0251.JPG

この姿が目に入ったときは、アシナガバチの仲間かと思いましたが、
何となく違和感を覚えてよーく観察してみると、どうやら蜂に擬態した
ガガンボのようです。ガガンボとは、脚が長く、蚊を大きくしたような
昆虫で、普段はこんな姿を目にすることがあるのではないでしょうか。

DSCN1167.jpg

今回の蜂みたいなガガンボ、調べてみるとマルモンクシヒゲガガンボと
いう種類に近いようですが、はっきりとは分かりませんでした。

DSCN0267.JPG

それにしても蜂によく似ていて、お尻に針がありそうな雰囲気もよく
出ています。

蜂へ擬態して身を守るというのは、昆虫ではちょくちょく見受けられる
ようで、こんな昆虫にも出会ったことがあります。

NEC_0304.JPG

どう見ても蜂のようですが、実はこちらはキタスカシバという蛾(ガ)の
一種です。どうやってこの姿を獲得したのか、とても興味深いですね。

他にもそっくりさん昆虫は色々いるようですので、皆さんもぜひ探して
みてください。




ラベル:陸生昆虫
posted by チトセアメ at 07:05| 北海道 ☔| Comment(0) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。