2012年05月20日

カワヤツメ出現中

DSCN9809.JPG

千歳川水中観察室では、サケの稚魚がほとんど海へ旅立ちました。
代わって最近観察窓に連日姿を見せているのは、写真のカワヤツメです。

カワヤツメはヤツメウナギの仲間で、この季節に産卵のため、海から川へ
遡上してきます。体長は40cmほど。
口が吸盤状になっていて、海ではサケ科魚類などに吸い付いて吸血生活を
しています。

以前は水中観察室の前でも、ウネウネと十数匹が群がって産卵する様子が
みられたこともあるのですが、近年は数が減り、姿を見かける機会も少な
くなっていました。

でも、今年はここ数日毎日姿を見ることができ、今日などは一度に4匹も
見かけました。こんなにたくさん見えた年は、本当に久しぶりです。

今後個体数が回復して、また観察窓でヤツメウナギの産卵が見られるよう
になったら嬉しいですね。

動画もアップしてみましたので、ニョロニョロと泳ぐ様子をどうぞご覧
ください。





ラベル:ヤツメウナギ
posted by チトセアメ at 23:57| 北海道 ☔| Comment(4) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カワヤツメはなんともしたたかな生き物ですよね。
ふと思ったのですが、栄養補給の他に移動手段として寄生したりはしないのでしょうか?
たとえばこの時期ならサクラマスに寄生すると遡上が楽なのではないかと(^.^;
のもぐさなボクの疑問でした('◇')?
Posted by カミナリ at 2012年05月22日 22:52
30年前も前になってしまいますが、札幌の都心を流れる川の落差工にもすだれのように張りついて溯上している姿を見ました。 軍手をはいて、ずぶ濡れになってしまいましたが、手づかみできるほどいましたねぇ。
Posted by まるひで at 2012年05月27日 22:06
> カミナリさん

川に入ってからも、移動手段として他の魚にくっつくような話しは聞いたことがありませし、観察窓でも確認したことがありませんが、どうなんでしょう? でも、そんなことあったら興味深いですね。

もし見つけたら、またご報告します。
Posted by チトセアメ at 2012年05月29日 00:44
> まるひでさん

手づかみできるほどとは、すごいですね!
今や漁もままならないというのに、短期間での減少ぶりには驚いてしまいます。
あのニョロニョロ感は好き嫌いが分かれると思いますが、また資源量が回復して気軽に食せるようになって欲しいと思います。

Posted by チトセアメ at 2012年05月29日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。