2012年04月29日

矢口高雄氏サイン会開催

本日、釣りキチ三平の作者として有名な、漫画家の矢口高雄氏が来館され、
午後1時からサイン会を行います。
サイン会への参加は色紙代として1,000円と入館料がかかります。
先着100名限定で、整理券は朝9時から発売します。
サインは矢口さんがご用意した色紙にのみとなります。
また、サインはお一人様一枚となりますので、ご了承ください。
この機会をお見逃し無く。
多くの方のご参加をお待ちいたしております。

実はこの度の矢口さんの来道には、もう一つ大きな目的がありました。
それは、昨日オープンを迎えた、恵庭市の「ギャラリー三平」オープン
セレモニーへのご出席です。

DSCN9651.JPG

こちらでも、矢口さんの関連作品やグッズが所狭しと並べられていました。
三平ファン、矢口さんファンの皆さんは必見です。


DSCN9663.JPG

ギャラリー三平のお力添えで、サケふるでも現在「釣りキチ三平とじっちゃんの
独りごと」を開催中です。

DSCN9666.JPG

釣りキチ三平CLASSICに掲載された矢口さんの後書きを中心に展示しています。
サイン会と併せて、ぜひご覧ください。



ラベル:釣りキチ三平
posted by チトセアメ at 02:48| 北海道 ☔| Comment(2) | イベントのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「釣りキチ三平」が週刊誌で連載されていた頃は私は小学生。、二次高度経済成長が終わり街並みの都市化が急速に進み、近所の河川はゴミが流れ、田畑は農薬でトンボもカエルもどこかへ行ってしまっていた時期でした。
虫や魚たちが遊び相手だった子どもだったからこそ、失われるものを実感していた時期でした・・・。
なんてぇ〜ここで語っていても何ですね・・・。

漫画から学び、夢を持たせてくれた「矢口さん」お会いしたかったです。
「三平」の絵を見てはあの頃を思い出します。
Posted by まるひで at 2012年05月06日 23:02
> まるひでさん

私も「釣りキチ三平」から多大な影響を受けた一人です。釣りの面白さだけでなく、三平で初めて知る魚たちもたくさんいました。その作者の矢口さんご本人にお会いできたのは、本当に感動でした。お話の仕方もとても優しく、でも力強い方でした。

恵庭にギャラリーもできましたし、また北海道に来ていただけることもあるかと思いますので、次の機会を楽しみにお待ちください。
Posted by チトセアメ at 2012年05月07日 13:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。