2011年12月23日

観察窓にぎわってます

すっかりご無沙汰してしまいました。
今日からクリスマス3連休。大雪の影響を心配しましたが、サケふるのクリスマスイベンにも
たくさんの方にご参加いただきました。

さて、例年だと12月中旬には始まる観察窓でのサケの産卵行動ですが、今年はなぜか単発
にしか行われず、ずっとサケはとどまってくれませんでした。
でも、昨日から少しずつサケの姿が増え始め、今日は2ペアほどが産卵行動を始めました。

DSCN8042.JPG

DSCN8111.JPG

明日も続いてくれるでしょうか。


サケ以外にも、今は色々な生き物たちが姿を見せています。

DSCN8107.JPGDSCN8106.JPGDSCN8105.JPG

こちらは、久しぶりに姿を見せたホオジロガモのオスです。
これまた久しぶりに、ピントも合ってバッチリ撮影できました。
白いホッペがかわいいですね。水上には毎日数羽見えていますので、これからも時々登場
してくれるかもしれません。


DSCN8101.JPG

こちらは大きく写っていますが、実際は3cmほどしかないトウヨシノボリです。
腹ビレが癒合してできた吸盤で、窓にピタッとくっついています。
この時期に観察窓に現れることは珍しいですが、なぜかここ6日間連続して姿を見せて
います。しかも、毎日右から2つめの同じ窓に。なぜでしょう?
いつまでいてくれるか分かりませんが、観察の楽しみがまた一つ増えました。


最後に、イベントのお知らせです。
明日はクリスマス仮装パーティ、また明日、明後日の両日は大水槽でのサンタダイバー
と記念撮影、大水槽でのエサやり体験などもあります。
公式ホームページで概要をご確認の上、ぜひご来館ください。
お待ちいたしております。



posted by チトセアメ at 23:56| 北海道 ☔| Comment(0) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。