2008年03月05日

ヒミツの飼育棟

ふるさと館から千歳市郊外へ車で約10分。
その後、雪のため車一台がやっと通れる幅しかない林道を5分ほど走り、行き止まりとなるところに、突然現れる建物・・・・。

2008_03_05_01.png2008_03_05_02.png

実はここが、ふるさと館の裏の心臓部ともいえる、展示の出番を待つ魚たちを飼っている「飼育棟」です。ちょっと離れていて不便ですが、豊富な地下水があるので、病気に弱い卵や稚魚にも安全ですし、自然の日照条件の影響を受けるので、親魚を成熟させるのにも、ふるさと館の人工照明よりは適しています。

中はご覧の通り結構ごちゃごちゃですが、今の時期は昨年採卵した卵がここでどんどん孵化して育ち、ふるさと館で展示しているより多くの魚が元気に泳いでいます。ココが無ければ、放流体験のサケ稚魚も、とても維持できない、大事な場所です。

ということで、最後にまたも鳥の話で恐縮ですが、今日は午前中、飼育棟に作業に行った道すがら、行きに3羽、帰りに2羽のオジロワシが、千歳の市街地上空を飛んでいるのを見つけました。下の写真はそのうちの1羽、日航ホテル千歳さんのあたりを飛んでいた成鳥です。尾羽が白いの分かるでしょうか。もう1羽、ドレモルタオさんの上辺りにも飛んでました。

2008_03_05_03.png

車を運転しながら、どうして見つけられて、どうやって撮影したかは、あまり気にしないでくださいね。




ラベル:野鳥
posted by チトセアメ at 23:56| 北海道 ☔| Comment(0) | ちょっと裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。