2011年06月21日

らしくなりました

ふ化後、間もなく1ヶ月が経とうとしているシロチョウザメとアムールチョウザメの稚魚たち。最近は初期餌料のアルテミア(ブラインシュリンプ)だけでなく、人工の配合餌料も食べるようになり、大きいものでは、体長も2.5cmほどになりました。

こちらが、シロチョウザメ。

DSCN5485.JPG

DSCN5414.JPG


そして、こちらがアムールチョウザメです。

DSCN5418.JPG

DSCN5417.JPG


大きさ以外は、すでに立派なチョウザメです。両種で顔つきや体形が違います。
でも、やはり体色はまだシロチョウザメの方が黒っぽくて、アムールが白っぽい。
いつ逆転するのでしょうか。

ここまで育つとちょっと安心というところですが、その油断が思わぬトラブルにつながるかも。
気を引き締めて、今後も大切に育てていきたいと思います。




ラベル:チョウザメ
posted by チトセアメ at 00:39| 北海道 ☁| Comment(4) | サケふるの生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バタバタして5/30の記事を見落としていました。
遅ればせながら、チョウザメの人工繁殖おめでとうございます。
国内初の快挙になるんですね。
これを弾みにして今後様々な展開に進んでいくと思いますが、サケふる館の
水槽は無限の可能性を秘めた、まさにプロジェクトXのような感じです。
Posted by えぞっ子 at 2011年06月22日 22:25
> えぞっ子さん

ありがとうございます。“国内初”だとプロジェクトXといっても格好良いんですが、一応今回は北海道初ということでした。またこれからも、コツコツと色々挑戦していきたいと思いますので、ご声援よろしくお願い致します。
Posted by チトセアメ at 2011年06月23日 00:02
メルマガをいただきまして
先日娘ふたりと3人で遊びにいきました。
なかなか動きが素早くて、
カメラに収めるのに苦労しました^^;。

あんなに大きなチョウザメが、
こんなに小さくて、なんだか可愛らしかったです。
Posted by taka at 2011年07月10日 23:02
> takaさん

ご来館、ありがとうございます。チョウザメは、親の姿をそのままミニチュアにしたようで、本当に可愛らしいです。採卵の苦労はともかく、こうした姿を見ると本当に報われた気がします。
また時々、娘さんと成長の様子を見に来て下さい。
Posted by チトセアメ at 2011年07月11日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。