2014年04月02日

初チョウチョウ


今日の千歳は日射しは暖かかったものの、冷たい風が吹いていました。
今日はお休みで外出しようとしたところ、自宅アパートの玄関前に、枯葉のようなものが落ちていました。


落ち葉?



何だろうと思ってよく見ると、突然パタッと動きました。

横になる蝶


色合いから、一瞬ガ(蛾)かと思いましたが、どうやらチョウ(蝶)のようです。
まだまだ寒いためか思うように動けないようで、お日様に当たってジッとしては、時折風にあおられています。しばらくすると、ようやく羽を立てた見慣れたチョウの姿になりました。

DSCN9442.JPG



まだ雪の残る早春のこの時期、見かけるチョウといえば前に一度サケぶろに登場しているクジャクチョウか、今回見かけたこの「ヒオドシチョウ」です。どちらも成虫の姿で越冬するらしく、春先から姿を見せてくれますが、このヒオドシチョウはちょっと慌てすぎてしまったようですね。

閉じていると地味な羽ですが、樹皮によく似ていてきっとカモフラージュになっているのでしょう。
一転、羽を広げると

DSCN9445.JPG


こんなに派手です。この姿で北海道の厳しい冬を越すというのですから、驚きです。
美しい春のチョウ、皆さんも探してみませんか。




ラベル:陸生昆虫
posted by チトセアメ at 23:14| 北海道 ☔| Comment(0) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

ポアソン・ダブリル 2014

今日から4月。いよいよ新年度がスタートです。
まだまだ雪の残る北海道ではありますが、本州各地の桜のニュースを聞くと、春もすぐそこにきていることを実感します。

さて、4月1日といえばエイプリルフールでもあります。
軽いいたずらで嘘をついても許される日として有名ですが、もうひとつ、「ポアソン・ダブリル(Poisson d'Avril)」というのをご存じでしょうか。以前、このブログでも少しご紹介したのですが、これはフランス語で、「4月(ダブリル)の魚(ポアソン)」という意味らしいです。

こちらはなかなかエイプリルフールのように定着してきませんが、フランスでは4月1日になると、魚をかたどった魚肉のムースを食べたり、魚の形のチョコレートがお菓子屋さんの店頭に飾られたりするようです。
でも水族館の人間としては、どちらかといえば、エイプリルフールよりポアソン・ダブリルの方が気になってしまいます。


で、昨年ご紹介しなかったのですが、前回のポアソン・ダブリルでいただいたのがこちら。


DSCN1135.JPG


その名も「JET FISH」。チョコで出来たお魚です。
長さおよそ20cmほどもあり、お腹の中にはさらに魚をかたどった小さなチョコが入っているという、ものすごく凝った代物です。凝っているだけでなくお味も抜群で、お腹の中のチョコは写真を撮る間もなく、娘に食べ尽くされてしまいました。この「JET FISH」を作ったのは何と


DSCN1137.JPG


世界トップクラスのショコラティエ「ジャン=ポール・エヴァン」さんなのでした。
この方のチョコは本当に美味しいです。今年もポアソン・ダブリルにちなんだ色々なチョコが出ているようですので、まだ召し上がったことのない方、ぜひ一度お試しください。


ちなみに、ここしばらく私は“親知らず”の痛みに悩まされており、今年のポアソン・ダブリルのお菓子は無しです。治ったら、美味しいものいっぱい食べよっと。

ラベル:美味しいもの
posted by チトセアメ at 23:57| 北海道 ☔| Comment(0) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。