2013年12月03日

日本初!? シシャモ稚魚展示中

Twitterの手軽さにすっかり怠け癖が付いてしまい、1年以上放ったらかしにしてしまったサケぶろですが、唐突にもまた少し始めていこうかと思っています。

日々のリアルタイム情報はTwitterで、少し大きい話題や行事の報告などはブログでと使い分けるつもりですが、果たしてどうなりますか。よろしければ、気の向いたときにまたお付き合い下さい。

初っ端は肩慣らしもかねて、これまでも登場してきた「シシャモ」の話題です。
流通の多い輸入のカラフトシシャモ(カペリン)ではなく、地球上で北海道の太平洋岸にしか分布していない、日本固有のシシャモ。サケふるでは1997年から、サケと同じくアブラビレを持つこのシシャモを何とか展示しようと、あれこれ試みてきましたが、なかなか周年展示には結びつかず、15年が経過しました。

すると先月、室蘭市にある道立総合研究機構栽培水産試験場で、今年3月〜4月にかけて人工ふ化させたシシャモの稚魚、約1,500匹を体長約8cmにまで育てることに成功したというニュースが飛び込んできました。
その内の80匹ほどをお分けいただくことができ、先月末からシシャモの稚魚を初公開。その姿がこちらです。

展示中のシシャモ稚魚.JPG

普段食べている干したシシャモとは随分違う繊細な姿です。
まだウロコが出来ていないのか、透き通った体はお腹の中まで透けて見えます。

もともと飼育されていただけあってエサ食いも良く、今回こそはもしかすると周年展示、さらには飼育下での繁殖にも挑戦したいと思っています。

みるみる大きくなりそうなので、稚魚の姿をご覧になりたい方は、お早めにふるさと館へ足をお運びください。



posted by チトセアメ at 23:58| 北海道 ☔| Comment(0) | サケふるの生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。