2012年06月30日

鳥(捕)物帖

本日日中、サケふるではちょっとした騒ぎがありました。
バックヤードで作業していたタッチャンが事務所にやってきて一言。
「鳥がバックヤードに迷い込んでいます」

2階のバックヤードは、窓の前にもカバーがあったりと、鳥が潜り込む
ようなところは無いはずなのですが、ハテ?

見に行ってみると、鳥の姿はどこにもありません。
タッチャンが、危うく「オオカミが出た」の羊飼いの少年になりかけ
ていたところ、今度はエントランスホールから「鳥がいる」という
報告が。

DSCN0560.JPG

矢印のところ、シルエットがお分かりいただけるでしょうか。
拡大してみると

DSCN0559.JPG

どうやらハクセキレイのようです。
早く外に逃がしてあげようと、網を持って捕まえようとしたのですが、
セキレイだって必死です。館内をあっちへ飛びこっちへ飛び

DSCN0563.JPG

結局、屋上から出ている天窓の方へ飛んで行ったところまでは確認できた
のですが、その後は行方知れずになり、取り(鳥)逃がしてしまうという
結果に終わってしまいました。

今日の千歳は暑かったので、あちこちの窓や入口を開け放してあったの
ですが、果たして無事に脱出できたでしょうか。

元気に外の世界に戻れたことを、信じたいと思います。



ラベル:野鳥
posted by チトセアメ at 23:27| 北海道 ☔| Comment(0) | ちょっと裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真似してます?

気がつけば6月も今日で終わり。北海道もすっかり夏らしくなりました。
生き物たちの動きも活発になる中、サーモンパークでちょっと変わった
昆虫を見つけました。

DSCN0251.JPG

この姿が目に入ったときは、アシナガバチの仲間かと思いましたが、
何となく違和感を覚えてよーく観察してみると、どうやら蜂に擬態した
ガガンボのようです。ガガンボとは、脚が長く、蚊を大きくしたような
昆虫で、普段はこんな姿を目にすることがあるのではないでしょうか。

DSCN1167.jpg

今回の蜂みたいなガガンボ、調べてみるとマルモンクシヒゲガガンボと
いう種類に近いようですが、はっきりとは分かりませんでした。

DSCN0267.JPG

それにしても蜂によく似ていて、お尻に針がありそうな雰囲気もよく
出ています。

蜂へ擬態して身を守るというのは、昆虫ではちょくちょく見受けられる
ようで、こんな昆虫にも出会ったことがあります。

NEC_0304.JPG

どう見ても蜂のようですが、実はこちらはキタスカシバという蛾(ガ)の
一種です。どうやってこの姿を獲得したのか、とても興味深いですね。

他にもそっくりさん昆虫は色々いるようですので、皆さんもぜひ探して
みてください。


ラベル:陸生昆虫
posted by チトセアメ at 07:05| 北海道 ☔| Comment(0) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。