2012年05月29日

つの出せ やり出せ

サケふるの受付カウンター横に、新たな展示水槽が登場しました。

DSCN0157.JPG

間もなく6月。梅雨のイメージでカタツムリの水槽です。北海道には梅雨がないといわれていますが、最近は“蝦夷梅雨”なんて言葉も聞こえてきますので、細かいことは気にしないこととしましょう。あくまでイメージということで。サケふるとしては、陸生貝類の展示は初の試みとなります。

ここでは、日本では北海道にしか生息していない、しかも北海道にゆかりのある名前を持ったカタツムリをご覧いただけます。といっても、北海道でしたら普通に見られる種類ばかりですが・・・。


DSCN0144.JPG

こちらはエゾマイマイです。今は小さな個体を1匹しか展示していませんが、大きなものでは殻が4cmほどにもなります。この個体は殻にスジがありませんが、中には殻に縞が付いているものもいます。


DSCN0163.JPG

こちらはサッポロマイマイです。千歳ではその辺で普通に見かけますが、一応、環境相のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されています。殻に縞のあるもの(上)と無いもの(下)がいますが、同種です。カタツムリは移動能力の低い生物なので、地域ごとに色々と変異などがあるのかもしれません。

この水槽、思いの外人気が高く、のそのそ動くカタツムリを子どもたちが食い入るように見ています。中には「でんでんむしむし・・・るんるん」と歌いながらのぞき込んでいる子も。身近にいる生き物ですが、動き回るところというのは、目にする機会が少ないのかもしれません。

この水槽のレイアウトの中には、タッチャン考案の“綱渡り”もあり、時々カタツムリが渡っています。いずれ「カタツムリ大サーカス?」に発展させたいのだとか。

これからもしかすると進化するかもしれないカタツムリ水槽。
ぜひご注目ください。


ラベル:軟体類
posted by チトセアメ at 01:51| 北海道 ☔| Comment(0) | サケふるの生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。