2012年04月22日

あちこちで春

ようやく道端の雪もほとんど消え、気温も10℃を超えるようになってきました。
冬の間、息を潜めていた生き物たちも、陽気に誘われ活発に活動し始めたよう
です。

ナニワズアズマイチゲ

フクジュソウは一足先に咲いていましたが、黄色いナニワズや白いアズマイチゲ
などの花々も、ようやく咲き始めていました。

鳥たちの姿もあちこちで見かけました。

ゴジュウカラカケスアカゲラ

林道では木の幹を走り回るゴジュウカラ、エサをついばむカケス、キツツキの
仲間のアカゲラなどをたくさん見かけました。

カワアイサキセキレイ

千歳川沿いを歩くと、カワアイサやマガモのつがいが、仲良く泳いでいました。
ハクセキレイやキセキレイも活発に飛び回り、巣材集めに精を出していたようです。

昆虫たちも活動を始めていました。

DSCN9510.JPG

この時期、越冬個体を見かけるクジャクチョウがフキノトウの上にとまって
いました。羽を広げるとこんなに派手なチョウですが、羽を閉じるとご覧の
通り。

DSCN9491.JPG

枯れ葉の上にいたら、ちょっと気がつかないですね。

まだまだ見かけましたが、少し長くなったので続きは次回アップします。


ラベル: 陸生昆虫 野鳥
posted by チトセアメ at 23:29| 北海道 ☔| Comment(0) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。