2012年02月28日

ブラウン産卵行動中

DSC_0148.JPG

ここ1週間ほど、水中観察室ではブラウントラウトの産卵行動が続いています。
最初に現れたのは写真のペアで、メスは海から上ってきたのかのような、銀色の
体色をしていました。

その後、大小色々な個体が現れ、本日は合計5個体が確認できました。
今のところ、ちょくちょく産卵行動らしき様子が見られるのは、こちらのペアです。

DSCN8806.JPG

でも、あちこちに産卵床を掘ってはいるのですが、肝心の産卵の瞬間は、まだ確認
できていません。やたらと掘り返しているため、こんなことも起きました。


DSCN8769.JPG

赤丸のところにブラウンのメス、矢印のところ、分かるでしょうか。
アップにしてみると

DSCN8768.JPG

卵径も大きく、どうやら先に産卵してあったサケの卵が掘り出されてしまった
ようです。さすがにこの時期、サケのメスの姿はなく、どうにも守ることは
かなわなかったようです。


このブラウンのメス、もう少し観察するとこんなことにも気がつきました。

DSCN8796.JPG

丸の中や矢印のところに、サケに寄生するエゾビルがくっついています。
特に腹ビレの丸のところは、5匹ほどがまとまっているようでした。
宿主となるサケがいなくなるこの季節、寄生生物のエゾビルにとって、ブラウン
の存在はありがたいものなのでしょうか。


このブラウンたち、もう少しの間は居着いてくれそうです。
時々、ライブカメラの前にも登場していますので、お時間合いましたら、ちょっと
のぞいてみてください。



ラベル:外来種
posted by チトセアメ at 23:57| 北海道 ☔| Comment(3) | 水中観察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。