2011年11月21日

シシャモ展示中

DSCN7950.JPG

今年も恒例の、シシャモの展示が始まりました。
干してあるシシャモはお馴染みですが、活きて泳ぐシシャモの姿は、
水族館でも滅多にお目にかかれません。

しかも今年はシシャモが不漁で、なかなか採集できず苦労しました。

DSCN7951.JPG

毎年言っていますが、今年こそは何とか飼育記録を更新したいものです。
そのための一工夫として、神経質なシシャモを驚かさないようにするため、
水槽にマジックミラーを付けてみました。

こちらからはシシャモの姿が見えますが、シシャモからは人が見えない
仕組みです。

効果のほどはこれからですが、周年シシャモの姿がご覧いただけるよう、
頑張ってみたいと思います。




posted by チトセアメ at 23:59| 北海道 ☔| Comment(2) | サケふるの生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

産卵で真っ白

千歳川に遡上したサケを展示している、館内の80トン水槽。
時々下の写真のように真っ白に濁ることがあります。

DSCN7863.JPG

我慢しきれず、水槽の中で産卵してしまった時に、精子で白く濁って
しまうのです。

それにしても、一回の産卵で80トンの水量がこれほど濁ってしまうとは、
どれだけ濃い精液なんでしょう。産卵が続くと、精液で濾過槽がガチガチ
に固まってしまうので、あとの始末が大変です。

というわけで、あまり水槽内で産卵して欲しくはないのですが、お客様に
とっては、産卵の瞬間に立ち会えるのは、嬉しいことに間違いありません。

意図的に水槽内の産卵をさせることはしませんが、これからも時々産卵は
見られると思いますので、産卵行動にじっくり注目してみてください。


ラベル:サケ親魚
posted by チトセアメ at 00:03| 北海道 ☔| Comment(2) | サケふるの生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

ひよこちゃん登場

今朝の道の駅・サーモンパーク千歳の駐車場に、ちょっと変わった車が
停まっていました。

DSCN7858.JPG

日清チキンラーメンのマスコットキャラクター「ひよこちゃん」の姿をした
キャラバンカーです。
何ともかわいく、目立つ姿をしています。

DSCN7859.JPG

後ろには、芦田愛菜ちゃんの姿もあります。

この車、「ひよこちゃんジャパンツアー」で全国を回っているらしいです。
このあと千歳を通過して、札幌でイベントがあるようなのですが、詳しくは
分かりませんでした。

運が良ければ会えるかも。
ホームページもありますので、気になる方はチェックしてみてください。

ひよこちゃんJAPAN TOUR
http://www.chikinramen.jp/japantour/




posted by チトセアメ at 23:06| 北海道 ☔| Comment(2) | 日々雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

大きなハナカジカ

サケふるの渓流水槽に、新しくハナカジカが仲間入りしました。
これまでも展示していたことがあるのですが、今度のは特に大きいです。

DSCN7849.JPG

全長で20cm近くあります。
千歳川にもハナカジカはいますし、観察窓でもよく姿を見かけますが、ここまで
大きい個体は滅多にいません。

実はこのハナカジカ、支笏湖でルアーにかかったものを、お分けいただきました。

DSCN7841.JPG

見事な3頭身、というところでしょうか。
ルアーをくわえただけあって、本当に頭と口が大きいです。

石の間に隠れてることが多いので、なかなか見つからないかもしれませんが、
渓流水槽の2番目にいます。

じっくり探して、見つけてください。

ラベル:カジカ類
posted by チトセアメ at 23:58| 北海道 ☔| Comment(2) | サケふるの生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

今年はまだ見えず

DSCN7836.JPG

今年も美々川に、ベニザケの遡上を見に行ってきました。
昨年は、10月上旬にはもう遡上しているベニザケが見られたのですが、
今年はまだ、真っ赤なその姿を見ることはできませんでした。


ベニザケには出会えませんでしたが、まだ暖かいからでしょうか。
色々な生き物に出会うことができました。


一番たくさんいたのは、アカゲラやコゲラなどのキツツキたちでした。

DSCN7838.JPG

逆光で分かりにくいですが、あちこちで木をたたくドラミングが聞こえて
いました。


落ち葉の間からは、越冬に向かう途中と思われるエゾアカガエルも姿を
見せていました。

DSCN7829.JPG

蚊もいっぱいで、結構刺されてしまいました。

DSCN7835.JPG


最後に出てきたのはこちら。

DSCN7825.JPG

久しぶりのキタキツネでした。


ベニザケは見られなくとも、なかなか楽しい散策でした。
これから遡上してくることを期待して、また行ってみたいと思います。

posted by チトセアメ at 23:58| 北海道 ☔| Comment(2) | フィールドのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。